洗濯物を部屋干ししたときの臭いの原因と対策 早く乾かす方法は?

雨が続く梅雨時は、洗濯ものが外に出せないので、部屋干しにしますが、なんとも言えない臭いが残ってしまいますよね。

あの臭いって何が原因でつくのでしょう?また、あの臭いが付かないようにするための対策ってあるのでしょうか?それに、いつまでも部屋干ししていないで、早く乾かしてたたみたいですよね。

洗濯ものの部屋干しに関するこれらのお悩み、解決したいと思います!

スポンサードリンク



洗濯物を部屋干ししたときの臭いの原因は?

洗濯ものを部屋干ししたときの、あのイヤ~な臭い・・・雑菌ですが、その正体は

「モラクセラ菌」です。

モラクセラ菌は真正細菌の一種。人間の粘膜にいる常在菌で、家庭内のいたるところにいるようです(*_*;

モラクセラ菌自体にくさい臭いはなく、エサを食べて出すフンが、あの一種独特なくっさい臭いを発生させるようです。

モラクセラ菌は、水分や人の皮脂が大好きで、それをもとに大繁殖する菌。このモラクセラ菌、たいへん厄介な菌で、洗濯しただけでは落ちないとのこと。また、紫外線や乾燥でも無理だそうです(T_T) 部屋干しどころではなく、普通に外に干したり、乾燥機使ってもダメってことではないですか・・・どうするの?

ただ、外干しや乾燥機使用なら、部屋干ししたときほどの臭いは残らないんです。モラクセラ菌はジトジトした湿った環境下で増殖しやすくなるので。

では、次に部屋干ししたときの臭い対策方法をのせていきます。

洗濯物を部屋干ししたときの臭い対策

まずは、洗濯する前、服を脱いだ時から洗濯ものの臭い対策は始まっています。
洗濯ものは洗濯機の中に入れないようにしましょう。菌が大繁殖する原因を作ってしまっています。

1日着た洗濯ものは、通気性のいい洗濯かごに入れておいてください。たまには洗濯かごもきれいにしておきましょう。

そして、洗濯ものはため込み過ぎないことが大事です。洗濯ものって、汗や水分などを吸っています。それをそのまま放置すると、モラクセラ菌にたくさん来てほしいと言っているようなものです。なので、なるべくこまめに洗濯機をまわすのが大事です。

洗濯機そのものも清潔を保ちましょう!定期的な洗濯槽掃除が必要です。
→こちらも参考に「洗濯槽のにおいの原因と過炭酸ナトリウムでの掃除方法 カビ防止策」

モラクセラ菌は50-60度のお湯に 10-20分浸すと死滅するそうですが、大事な洋服では生地を傷める恐れがあるのでおすすめできません。

このモラクセラ菌の正体を掴んだのは花王で、花王の「アタックNeo抗菌EX Wパワー」ならモラクセラ菌を攻撃できるそうです。(その目安として泡が発生するようです)

洗剤を替えるだけならすぐにできるので、やってみるのもよさそうですね。

そして、なるべく早く洗濯ものを乾燥させることが大事です。

次に、洗濯ものをはやく乾燥させる方法をのせていきますね。

洗濯物を部屋干ししたときにはやく乾かす方法は

洗濯ものを部屋干しするときに、どこに干しますか?

多くの人が、カーテンレールに干すそうです。が、この場所はおすすめできません。カーテンにも菌が棲みついているので、それが洗濯ものに移るおそれがあります。

一番いい場所は浴室。

ただ、浴室に入れただけでは、より一層ジメジメするだけなので、必ず換気扇をまわしてください。また、浴室に扇風機で風を送るのも有効です。

浴室が不可能なら、室内用の物干しを使って、部屋の中心に置くのがいいです。なぜなら、部屋の中心は空気の通り道であることが多いから。家族の多くがわきを通ることで空気を送ってくれることもあるので効果的です。

機械の力を使うのもいいでしょう。

洗濯ものの横から扇風機、下からサーキュレーターをまわすと、いろいろな方向から洗濯ものに風を置くてくれるのでいいです。

一番のおすすめは、除湿乾燥機です。

かなりの働き者で、我が家でも重宝してます。梅雨時の部屋のじめっした感じも解消されて一石二鳥です。これを使うと、部屋がけっこうな暑さになるので、それだけ要注意です。梅雨時なら、ちょうどいい感じですが。

まとめ

いかがでしたか?

上記にまとめた洗濯ものの部屋干しの臭いから解消されるための対策の基本チェック項目を以下にまとめておきますね。参考にしてみてください。

 

洗濯ものの部屋干しの臭いから解消されるための対策の基本チェック項目
□洗濯ものは洗濯機の中に入れない。通気性のいいかごに入れる。

□洗濯ものはため込み過ぎないでこまめに洗う

□なるべくはやく洗濯ものを乾燥させる(風をあてる、除湿乾燥機を使うなど。干す場所にも注意)

□定期的な洗濯槽掃除をする

□洗剤を替えてみる

しっかり対策して、梅雨時も気持ち良く乾いたお洋服で出かけたいですね!

スポンサードリンク



コメントを残す




CAPTCHA