お風呂掃除に毎日使える重曹の活用法 クエン酸併用と入浴剤での応用

毎日のお風呂掃除、大変ですよね。

中腰で無理をすると痛くなるし、お風呂ブーツを履いても濡れてしまうことがあって不快だし・・・・・
それに、中性洗剤もいいんだけど、毎日入るお風呂の掃除には、もっと自然と身体に優しものを使いたい!

そんなあなたには重曹とクエン酸を使ったお風呂掃除を紹介したいと思います。

重曹は入浴剤にも使えるので、Wでお得ですよ^^

スポンサードリンク



お風呂掃除は毎日重曹でやってみよう

重曹ー正式名称は重炭酸曹達、成分は炭酸水素ナトリウムで、水溶性のpHはアルカリ性を示すので、酸性の汚れー皮脂の汚れなどに効果があります。

かなり認知度があがりましたが、この重曹、ほんとに便利です。
お風呂では入浴剤としても掃除用洗剤としても使えます。わざわざ別々に買う必要はないんですね。

重曹入浴剤の作り方は後ほど紹介しますが、まず、重曹を使ったお風呂掃除方法について書いていきます。

とはいっても、本当に簡単で、最後にお風呂に入った人が、湯船に重曹を溶かし、そこに桶や椅子を入れて一晩漬け置くだけです。量はだいたい1カップ位。

重曹には、研磨作用がありますが、水を含むと粒子がやわらかくなるので、物を傷つけることなく研磨することが可能です。なので、汚れが蓄積していて、一晩たってもあまり落ちていない場合は、汚れに重曹を直接ふりかけ、ブラシやスポンジなどでこすってみてください。

また、重曹を少量のお湯でペースト状にして塗り広げ、しばらくしてからスポンジなどで擦ってからシャワーで流すといいです。ペーストを塗ったところをラップするとさらに効果的です。

排水口に重曹を直接ふりかけると、ヌメリ防止効果があるので、湯船に重曹を入れるときに、一緒にふりかけておくといいですよ。

※注意※
重曹は大理石やヒノキのお風呂に使うと、塗装がはげたり、シミになったりするので、そういった浴槽にはなるべく使わないようにしてください。

お風呂掃除にクエン酸と重曹でさらにピカピカに

クエン酸は水溶性のpHは酸性を示すので、アルカリ性の汚れー水垢などに効果があります。蛇口や浴槽のドアについた水垢に効果が期待できますが、お風呂場は水垢だけでなく皮脂汚れもいっしょについている場合が多いので、重曹も加えるとさらにきれいになります。

使い方としては、まず水200mlにクエン酸小さじ1の割合で作ったクエン酸水をスプレーし、しばらく置いた後、重曹をふりかけ、スポンジなどで擦って最後に洗い流します。

重曹入浴剤を作ろう!お風呂掃除と美肌のW効果

では、最後に重曹入浴剤のご紹介。

一番簡単なのは、重曹を湯船に入れる こと。だいたい重曹大さじ2~3です。体を温めたり、体臭予防などにも効果が期待できます。

クエン酸大さじ1に重曹大さじ1を合わせてから入れる入浴剤のおすすめです。こちらは入れた瞬間ジュワっとします。

どちらも、その日最後のお風呂の家族が追加の重曹を湯船に入れて桶などと一緒につけおきしておけば、一番簡単に掃除ができます^^

最後に、ちょっとおしゃれなバスボムを重曹で作る方法を紹介します。

重曹:クエン酸:塩が2:2:1の割合になるようにはかり、水をすこ~し入れます。全体に水分が行きわたったら、ラップなどで強く握って形を作っていってください。お好みのアロマオイルを入れてもいいですね。

シュワシュワ泡の出るバスボムの完成です!

※重曹入浴剤のお風呂に入ったら、出るときに良く流してくださいね。肌が乾燥しやすくなっているので。

まとめ

いかがでしたが?

お風呂掃除に大活躍の重曹!ぜひご家庭でも大いに活用してみてください。重曹は口に入っても大丈夫なように、食用のものを使うことをおすすめします。

きれいなお風呂で気持ちのいいひと時を!
218169

スポンサードリンク



コメントを残す




CAPTCHA