父の日に0歳児の赤ちゃんからのプレゼントに感謝の言葉を添えて贈ろう

お父さんになって夫に訪れる初めての父の日。

もちろん、赤ちゃんからプレゼントと言っても無理ですが、妻から父の日の演出をすることはできます。
こっそり準備して、サプライズ父の日でも演出してみましょう!

スポンサードリンク



  

父の日のプレゼント 0歳児がお父さんに贈るもの

赤ちゃんから物をもらうことはできませんが、世の多くのお母さんはたくさんのギフトをもらっていると思

っているのではないでしょうか?

それは笑顔だったり、何気ない可愛いしぐさだったり。泣き顔ですら、かわいらしく愛しく感じますよね。

そんな赤ちゃんの様子、ダンナさんは仕事にいってしまうため、なかなか目にすることができませんよね。
普段のわが子の可愛い様子をプレゼントするのが一番の父の日ギフトかなと思います。

父の日に赤ちゃんからのプレゼント例

では、具体的に赤ちゃんからのプレゼントは何がいいでしょう?

まずは写真!!

普段の何気ない表情や笑った顔、泣いた顔などを写真に写して、色画用紙に貼り付けてデコレーションした

り、フォトブックにしてもいいですね。

ショップによりますが、ストラップにしたりマグカップにしたりするサービスをしているところもあるので

、普段旦那さんが使うものをお子さんの写真入りグッツにしてあげてもいいですね。

奥さんのアイディア一つでいろいろできますね(#^.^#)

ビデオもいいと思います。

子育てサークルなど、ダンナさんが行かない場所での赤ちゃんの様子を映して、父の日プレゼントにしても

喜ばれると思います。

もちろん、撮影の際には周りへの配慮を忘れずに!

足形や手形を取って、写真とともにプレゼントしてもいいですね。
毎年同じプレゼントにすると、わが子の成長が目に見えて分かるので、大きくなったときの喜びもひとしお

です。

父の日に お父さんになった夫に妻から感謝の言葉を贈ってみよう

お母さんになると、妻は365日24時間体制で育児に奮闘し、なかなかダンナさんへの感謝の気持ちは持

ちにくいものかもしれません。

「寝れなくて大変・・」「ダンナは起きてくれない」「もう少し育児を手伝ってくれても」「せめてねぎら

いの言葉くらい掛けて」

など、ダンナさんへの不満はいくらでもでてくるかもしれません。だけど、そんな気持ちでは赤ちゃんへも

あまりいい影響はあるとは言えません。

父の日を機に、ダンナさんのいいところだけ思い出して(悪い部分にはちょっと目をつぶって 笑)みては

どうでしょうか?

物事は見方によっていくらでも変わるもので、たとえば、行動が遅い人も、別の人がみれば、ゆったりして

いる、おおらかな人などどプラスの言葉で表現されます。

なので、悪いと思ったところを逆にいい言葉に直して思い出してみることで、ダンナさんへのマイナスの気

持ちがプラスへ変わることもあります。そのプラスの気持ちを言葉にして伝えることで、また夫婦二人で子

育て頑張ろうという気持ちになるかもしれません。

もしかしたら、妻から感謝の気持ちを伝えてダンナさんへの育児への意識をより強めることが、なによりの

父の日ギフトになるのかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたか?

育児の忙しい中、大変でしょうが、少しずつでも初めての父の日に向けて準備してみてはどうでしょうか?

男の人というのは、産んでいないので父親になった実感が妻ほど早くは持てないようです。

父の日のプレゼントのよって、「お父さんになったんだな」という気持ちが芽生えてくるかもしれません。

ステキな父の日になりますように!

スポンサードリンク



コメントを残す




CAPTCHA