お中元の意味と由来を知ろう!贈る時期とのし紙の書き方も解説します

お中元」という言葉、春の終わりごろからチラホラと耳にし始める言葉ですよね。

この「お中元」ってそもそもどんな意味でどんな由来を持っているのか?贈る時期やのし紙の書き方まで解説したいと思います。

スポンサードリンク



お中元の意味と由来について

「お中元」と言いますが、「お」は敬語を作る接頭語です。もともとの言葉は「中元」

「中元」とは、中国の道教の「三元」のひとつです。「三元」は上元、中元、下元の3つがあり、それぞれ旧暦の1月15日、7月15日、10月15日に行う道教の行事でした。
※道教とは、簡単にいえば「道の教え」のこと。もともとは漢民族の土着的な宗教です。

道教において、「中元」は人間の贖罪の日として1日中火を焚いて祝っていましたが、これが日本の先祖供養の「盂蘭盆会」と一体化して、お盆の行事となっていきました。

そして、この時期に、知人や親類にお盆のお供えものを配る習慣から、やがて商いのお得先やお世話になった人に贈り物をするようになり、これが今のお中元につながっていくようになりました。

現在では会社の上司やお得意様、習い事の先生へなど、お礼の品や挨拶の品を贈る行事となって定着していますね。

 

お中元を贈る時期はいつ?

もともとは、中国の「中元」を由来にしているので7月15日が基準となっているのですが、日本では明治に新暦に改暦したこともあり、地域により差が出てくるようになりました。

関東の方では7月初旬から7月15日まで
関西の方では7月下旬から8月15日まで

北海道や東海地方は関西と同じ時期に贈るようになっています。ただ、関西全体に言えることですが、関東地方の影響を受けたり、デパートなどの早割などの活用から、年々早く送る傾向になりつつあるようです。

ちょっと早めに準備するのが良さそうですね。

そして、どんなに遅くとも9月上旬までには贈るようにしましょう。

お中元ののし紙の書き方

水引は紅白の蝶結びのものを使います。

上段に書くのは、「お中元」あるいは「御中元」です。
関東は7月15日以降は、「暑中御伺」「暑中お見舞い」と書きます。
関西は8月15日まで「お中元」「御中元」で大丈夫です。
立秋以降は「残暑御伺」「残暑お見舞い」などとします。

まとめ

いかがでしたか?

「お中元」の贈り方ひとつで相手にこちらのマナーや心遣いまで見えてしまうこともあるので、しっかり準備して早めに贈るようにしましょう!

スポンサードリンク



コメントを残す




CAPTCHA