お中元をやめるタイミングは?お中元の意味とやめるときの手紙について

お中元って毎年の定例行事みたいな感じで、一度始めるとなかなかやめられないですよね。
だけど、子どもが大きくなってくれば徐々に家計を圧迫するようになり、大きな負担となってのしかかってくることもあります。

お中元をやめるのにタイミングはあるのか、もともとのお中元の意味も考えながら以下でご紹介したいと思います。やめるときに手紙が必要なのか?についても書いていきます。

スポンサードリンク



お中元をやめるタイミングはいつ?

お中元をやめるタイミングなんてあるのでしょうか?

実は、仲人さんについては、お中元やお歳暮などのお付き合いは基本的に3年でよいとされています。特に、当日だけお世話になった仲人さんには、普通にやめて大丈夫です。

そのほか、お中元は送っているけど、最近は疎遠になりつつある人には贈らなくなっても大丈夫です。

そもそもお中元とは?

お中元は、もともと中国の道教と日本の「盂蘭盆会」が融合し変化して現在の形になったものですが
→こちらも参考に「お中元の意味と由来を知ろう!贈る時期とのし紙の書き方も解説します 」現在では、お中元はお世話になっている人へのあいさつとして贈られるようになりました。なので、疎遠になってしまったということは現在お世話にはなっていないと言えるので、贈る必要はありません。

かといって、突然やめるのは気が引けるというのであれば、以下のようにしていけばそんなに角が立たずにやめられます。

・お歳暮も贈っているのなら、どちらか一方にする。その代わり、暑中見舞いや年賀状などは出す。
・1年後、もう一方もやめる。暑中見舞いと年賀はがきは出す。
・不定期の贈り物はする(旅行土産など)
・不定期のお土産の間隔をあけていき、最終的になしにする

これは、暑中見舞いを贈ったときに、丁寧なお礼状を頂いている人に限ります。お礼状がない方は、もしかしたら有難迷惑に感じている可能性もあるので、いきなりやめてしまっても大丈夫です。

お中元をやめるときに手紙は送った方がいいのか?

お中元をやめるときに、手紙などはいりません。かえって、気にしていないものを気にさせる結果になる場合もあります。

もし、相手からもお中元をいただいており、こちらがやめた後も贈ってくる場合は、丁寧なお礼状の中に「今後お気づかいは結構です」といった文を入れて送ってください。

最近の傾向として、贈りものを控えようという感じがありますので、すんなりと受け入れてくれる場合がほとんどです。

まとめ

いかがでしたか?

贈りものって、本来は相手を喜ばせるものとしてあるはずなのに、それが悩みの種になっては本末転倒もいいところ。タイミングをみて、きっぱりやめる勇気を持ちましょう。案外、相手もやめるタイミングを考えていたりするものです。

また、このように悩むということが分かっているのなら、最初から「ウチはやらない」と決めておくのも一つの手です。

長い目でしっかり見て、家族で話し合って決めていきましょう!

スポンサードリンク



コメントを残す




CAPTCHA