七夕の由来と意味 万葉集に歌われた和歌とうたの歌詞の意味について

七夕って夏のロマンチックな行事の一つですね。

でも、七夕っていつから始まったのでしょう?実は奈良時代の万葉集にも詠まれているくらい古くからあるのですが、もっと遡るの?その由来や意味、万葉集の歌、そして、今幼稚園や保育園でよく歌われる「たなばたさま」の歌詞とその意味など、ちょっとした豆知識を紹介したいと思います。

スポンサードリンク



  

七夕の由来や意味

七夕というと、彦星と織姫の伝説がまず思い浮かびますが、これは中国に古くから伝わっている伝説です。

天帝(てんてい)という神様が星空を支配していたころ、天帝には織女(しょくじょ)という娘がいました。織女は神様たちの着物の布を織る仕事をしていました。織女の作る布はたいへんすばらしく、色も柄もきれいで、丈夫で着心地のいいものでした。仕事ぶりも大変熱心でしたが、遊びもせず、恋人もいない織女をかわいそうに思った天帝は、天の川の対岸で働き者のまじめな牛飼いの青年、牽牛(けんぎゅう)を織女に引き合わせ、やがて二人は結婚しました。

しかし、結婚してからというもの、二人は新しい暮らしに夢中で、毎日遊んでばかりいました。二人が仕事をしなくなったので、神様の着物はボロボロになり、牛も病気になってしまいました。

これに怒った天帝は、二人を天の川の両岸に引き離しましたが、二人は毎日泣きくらすばかりで、仕事になりません。そこで天帝は、二人が前のように毎日まじめに働くなら、年に一度、7月7日の夜に会うのを許そうと約束しました。

これが、現在私たちがよく知っている七夕の伝説です。

この二人の逢瀬を祝い、また織姫にあやかり機織りなどの技芸の上達を願い中国で行われている行事が乞巧奠(きっこうでん)と呼ばれるもので、これは奈良時代には遣唐使によって伝えられ、宮中行事として取り入れられるようになっていました。

この他にも、日本がもともと神事として行っていた「棚機(たなばた)」というものがあって、織物を神様の祭ってある棚に供えていました。この布を織ることができるのは、選ばれた女性だけ。この女性たちがが先祖に捧げる御衣(みころも)を織り上げましたが、この女性たちを「棚機女」、「織女」と書き、″タナバタツメ″と読みました。この神事は、「古事記」にも載っています。

このように「棚機」あるいは「棚幡」と表記されていた「たなばた」ですが、もともとはお盆行事の一環であり、7日の夕方に行っていたことから「たなばた」という呼び方を「七夕」と表記されるようになったと言われています。

今のように、笹竹に短冊をつるして願い事をするようになったのは江戸時代です。寺子屋などで学ぶ子どもが増えたことから、星に文字などの上達を願って飾るようになったのです。

ちなみに、七夕は五節句のうちのひとつです。(他は七草の節句、桃の節句、菖蒲の節句、菊の節句)

七夕を歌った万葉集の和歌

奈良時代にはすでに神事や宮中行事として登場していた「七夕」は、当時の和歌を集めた「万葉集」にも多く歌われています。

「万葉集」全4516首のうち、七夕を詠んだ歌は長歌、短歌合わせて130首以上。その多くが男女の恋物語として詠まれています。

巻8
一五一九 
久方之 漢瀬尓 船泛而 今夜可君之 我許来益武
(ひさかたの あまのかはせに ふねうけて こよひかきみが わがりきまさむ)

巻10

二〇〇〇
 天漢 安渡丹 船浮而 秋立待等 妹告与具
(あまのがは やすのわたりに ふねうけて あきたつまつと いもにつげこそ)

二〇一八 
天漢 去歳渡代 遷閇者 河瀬於踏 夜深去来
(あまのがは こぞのわたりで うつろへば かはせをふむに よぞふけにける)

二〇四五
 君舟 今滂来良之 天漢 霧立度 此川瀬
(きみがふね いまこぎくらし あまのがは きりたちわたる このかはのせに)

二〇四九
 天漢 河門座而 年月 戀来君 今夜會可母
(あまのがは かはとにをりて としつきを こひこしきみに こよひあへるかも)
『萬葉集』(桜楓社)

これでほんの一部です。また「万葉集」で楽しんでみてください。

七夕のうたの歌詞の意味

七夕のうたといえば、幼稚園や保育園でよく歌われる「笹の葉 さ~らさら~・・・・」のうたがまず思い浮かびますね。

作詞/権藤はなよ 補作詞/林柳波 作曲/下総皖一

笹の葉さらさら
のぎばにゆれる
お星さまきらきら
きんぎん砂子

五しきのたんざく
わたしがかいた
お星さまきらきら
空からみてる

この歌は、昭和16年3月に文部省発行の「うたのほん 下」の掲載された唱歌です。

2番の歌詞の意味は何となく分かりますが、1番の歌詞の「のきば」と「砂子」って分かりずらいですよね。

「のきば」とは漢字で書くと「軒端」になります。字の通り、軒の端とか軒口という意味になります。軒の端っこに飾る様子を歌詞にしたんでしょうね。

「砂子」は、金銀の箔を粉末にしたもの。蒔絵や色紙・襖紙などに吹きつけて装飾としたものです。お星様のきらきらした様子を、襖などできらきらしている砂子に比喩させたのでしょうか。より一層きれいに光る感じがしますね。

まとめ

いかがでしたか?

七夕の由来を知って、七夕を家族で祝うと、より一層感慨深いものがあります。どうぞ、ステキな夜のひとときをお過ごしください!

スポンサードリンク



コメントを残す




CAPTCHA