仙台七夕祭り 2016年は開催するのか?日程とみどころを紹介!

日本の三大七夕祭りの1つ、仙台七夕まつり。

その歴史は古く、始まりは有名な独眼竜正宗なんです!婦女子の文化のために七夕祭りを奨励したことが始まりだと言われています。江戸時代の間は、盛大に行われた時もあったようですが、今のような形になったのは昭和になってから。

そんな長い歴史を持つ仙台七夕まつり、今年もやるのでしょうか?

スポンサードリンク



  

仙台七夕祭り2016年は開催するのか

開催します。

仙台七夕祭りは8月6日~8月8日にやると日にちは決まっています。
公式ホームページにまだ準備中で、去年の2015年の情報が載っていますが、参考になると思います。

→http://www.sendaitanabata.com/about

七夕まつり情報!仙台七夕まつりの日程やアクセス方法は

飾り付け時間は、2015年の情報によると、

8月6日7日が10:00から22:00まで、
8月8日は終わりがちょっと早くて21:00までになっています。

開催場所は仙台中心部と周辺商店街。

かなり豪華絢爛な飾り付けを見ることができるので、圧倒されると思います。

伝統・歴史、グルメ、多様なステージイベントなどは、おまつり広場で楽しめます。おまつり広場は3日間とも10:00から21:00までです。

仙台市内の移動については、公式ホームページで交通規制情報も出てくるので、それを確認しましょう!基本的に自家用車は、移動しづらいです。公共交通機関を使うのがいいです。

仙台までのアクセス方法は、空からも鉄道からも高速からも行けます。ただ、飛行機ですと、仙台空港から仙台駅まで仙台空港アクセス線で最短17分かかります。
自家用車ですと、駐車場を探すのが大変になりますので、仙台までの交通としては、新幹線か高速バスがおすすめです。

仙台七夕祭りのみどころは

荒町商店街、宮町通り、大学病院近くの木町通りなどどこも七夕飾り一色ですが、いずれもかなり豪華な飾りを楽しめます。ただ、どこも飾りに圧倒されるので、空とのコントラストを楽しむという意味で、一番町あたりがいいですね。

また、夜の仙台も見逃せません。
17:00から定禅寺通りで行われる星の宵まつり、また瑞鳳殿ではイルミネーションイベントが行われています。瑞鳳殿は伊達政宗の霊廟です。歴史好きの方は、戦国に思いを馳せながら七夕も楽しんでこれますね。

まとめ

いかがでしたか?

三大七夕まつりのひとつ、ぜひ基本から攻略してみてくださいね。

スポンサードリンク



コメントを残す




CAPTCHA