ワイシャツ襟汚れの落とし方は?クリーニングはどう?汚れ防止方法は?

毎日ダンナさんが着るワイシャツ・・・きれいな状態で着て仕事に行って欲しいですよね。だけど、襟汚れは特に、洗濯機だけでは落ちませんよね。しかも、ちょっと擦ったくらいでは落ちないくらい、頑固な汚れたち(>_<)

そんなワイシャツの襟汚れを家庭で落とす方法とクリーニング店に出したら落ちるのか、落としてもらいたいときのポイント、そして、ワイシャツの襟汚れの防止方法をお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク



ワイシャツの襟の汚れの落とし方

ワイシャツの襟汚れは皮脂の汚れ、古くなった角質の汚れ、汗、ほこりなどいろいろな原因がもとでついていきます。

なので、汚れの付着の仕方が複雑で、繊維に入り込みとなかなか落としにくくなります。早めの対処が必要です。3通りの方法を以下に紹介します、自分がやりやすい方法で襟汚れを落としてみてくださいね。

食器用洗剤を使う

服に食器用洗剤!?と意外に思うかもしれませんが、考えてみれば食器用洗剤って油を落とすものなので、皮脂汚れには有効なんです。

方法は簡単!

食器用意洗剤を汚れに沿って襟汚れに直接つけ、霧吹きで少し濡らします。このときに、洗剤を繊維にしみこませるのが大事ですので、軽くもんでください。

その後、歯ブラシで軽くこすっていきます。このとき、力を入れ過ぎないこと。生地を傷めますので、やさしくブラッシングしてください。泡が出てきますが、軽い汚れならこのときに一緒に汚れも浮いてきます。最後に泡を水で流して洗濯機に入れて洗えば終了です。

同じ要領で、シャンプー、クレンジングなどでもできます。

重曹とクエン酸を使う

重曹は水に溶かして水溶液にするとアルカリ性を示します。アルカリ性は油や皮脂汚れを落とすのに効果を発揮します。

まず、重曹は少量の水でペースト状にし、歯ブラシで汚れになじませます。そこにクエン酸を水に溶かしたものを吹きかけると、クエン酸と重曹の中和作用によってシュワシュワッと汚れを分解しながら泡立ち、汚れを分解します。

その後、洗濯機に入れて洗えば終了です。

クエン酸も重曹も無毒で、発泡の際に出るガスもまた無害なので、安心して使えます。

過炭酸ナトリウムと部分汚れ用洗剤を使う

襟に部分汚れ用の洗剤をつけます。

過炭酸ナトリウムを40℃くらいのお湯に溶かし、ワイシャツを暫くつけておきます。できれば数時間から一晩。忙しくても20分はつけておいてください。

その後、つけおきに液体ごと洗濯機に入れ、いつもどおりに洗濯するだけです。

ワイシャツの襟の汚れをクリーニングに出すときのポイント

ワイシャツの襟汚れ落としも、時間がないときや面倒だな~って思うとき、そうではなくてもたまにはプロの手に任せてみたいと思うときってありますよね。

ただ、ワイシャツの襟汚れもただクリーニング店に持っていくだけでは落としてくれない場合があるので気をつけてください。

カウンターに行ったら、「襟の汚れ落としもお願いします」と必ず伝えましょう。お店によってはオプションで追加料金がかかるところもあります。

そして、汚れはなるべくはやく持って行くことが大事です。汚れは時間がたてばたつほど繊維に汚れが入り込んでしまうので、落ちにくくなります。クリーニング店でも、「できる限り落としますが・・」と言われると思いますが、あまりに時間がたっていると、それだけシミ抜き剤も必要になり、生地を傷める恐れもあるからです。

また、クリーニングが仕上がったら、なるべく早く取りに行き、かけてあるビニールのカバーはすぐにとってください。湿気がこもりやすく、カビの原因になるからです。

襟の汚れは取ったのに、他のカビ汚れがついたら元も子もないですよね。

それでも、ビニールにかけて収納したいというのなら、通気性のある不織布つきのカバーにしてください。日用雑貨が売っているお店ならたいていあります。

ワイシャツの襟の汚れの防止方法

そもそも、襟汚れが付かなければ汚れ落としの手間もありません。できるだけ、襟汚れが付かないようにするための防止方法をお伝えしたいと思います。

ベビーパウダーをはたく

洗濯後から着る直前に、ワイシャツの襟もとにベビーパウダーをはたいておけば、汚れ防止に効果があります。ベビーパウダーって汗や油を押さえる働きがあるので、襟汚れの原因である皮脂から襟を守ってくれるということです。

スティックのりを使う

スティックのりも汚れをガードするのに効果的です。ただ、乾燥させる時間が必要なので、前の晩までには塗っておいて方がいいです。

襟汚れの防止のシートを使う

こんな商品があるので、使うのも手です。ただ、上手に貼れるようになるのに時間がかかる場合があるということと、シールが首に当たる感じがする人もいるので、好みが分かれるかもしれません。また、テープは丁寧にはがさないと生地を傷める恐れがあるので、注意が必要です。

まとめ

いかがでしたか?

ワイシャツ汚れ、しっかり対策して、気持ちよく仕事に送り出したいですね。ご自分に一番合う方法を選んで、ぜひ実践してみてくださいね!

スポンサードリンク



コメントを残す




CAPTCHA