大地震発生の仕組み~プレートと断層 日本の地震の歴史も紹介します

地震大国日本 いつどこで自分自身が地震に遭うとも限りません。

地震について、その仕組みを知っておきましょう。また、日本の地震の歴史も紹介したいと思います。

スポンサードリンク



  

地震発生の仕組み~プレートとは

日本で起こっている地震は主に「プレート間地震(海溝型地震)」と「活断層地震」の2種類があります。

「プレート間地震(海溝型地震)」とは・・・

地球の表面は、プレートと呼ばれる厚さ数10kmの岩盤で覆われています。プレートはひと続きになってい
るのではなく10数枚が集まって地球の全表面を包んでいて、それぞれが違う方向に少しずつ動いていて、プ

レート同士がぶつかったり、すれ違ったりします。こういったプレートの動きの中でも、片方のプレートが

もう一方のプレートの下に沈み込んだりしたプレートの動きにより、プレート境界付近では歪みが生じます

。この歪みが蓄積し、限界に達したときに境界付近が動いて地震となるのです。

規模の大きなプレート間地震は、発生から発生までの活動間隔が比較的短く(数十年~数百年くらい)、ひ

とたび発生すれば、甚大な被害をもたらすことがあります。

日本列島は、太平洋側の海底にいくつもの海溝やトラフが連なっています。
(トラフ は、細長い海底盆地で、深さが6000mより浅いもの。6000mを超えると海溝となる)

こういった場所では、海洋プレートが陸のプレートの下に沈み込んでいて、その時に一緒に陸のプレートの

先端部分を引きづり込んで、それによって歪んでしまった陸のプレートの先端部分が跳ね上がって地震とな

るのです。

関東大震災や東日本大震災はこのタイプになります。東日本大震災はこれが連続して起こったため、あそこ

までの甚大な被害をもたらしたのです。

地震発生の仕組み~断層とは

断層というのは、地下の地層あるいは岩盤に力が加わって割れ、割れた面にそってずれ、動いて食い違いが

生じた状態のことを言います。

そのうち、活断層とは、ごくごく近い時代まで地殻運動を繰り返した断層で、今後も活動する可能性のある

断層のことをいいます。

断層が動く現象を断層運動と言いますが、これが地震の原因であると考えられています。

陸のプレート内部で断層運動が起こると、震源が地表面に近いため、マグニチュードが小さくても甚大な被

害をもたらす地震となることがあります。

その代表が、平成7年(1995年)の阪神淡路大震災です。震源は野島断層付近で、地震により断層が大

きく隆起して地表にも露出しています。

ちなみに、現在日本の活断層は約2000とも言われています。

地震の歴史

日本の歴史上で初めて地震が出てくるのは、奈良時代に成立した「日本書紀」の中です。允恭天皇5年条に書

かれています。年は416年と換算されますが、はっきりしていません。允恭地震(いんぎょうじしん)と呼ば

れます。

ただ、この允恭地震は、地震があった日の夜に起こった政治的事件を中心に書かれており、地震そのものの

規模、状況、被害の様子などは書かれていません。

次に出てくる地震は、推古地震。599年(推古7年)に起きた地震で建物がことごとく倒壊したとあります。そのとき、聖徳太子が四方に命じて地震の神を祀らせたようです。

679年の筑紫地震。

その後、684年の白鳳地震はかなり巨大な地震だったようで、津波の記録も残されています。

869年、テレビでもよく取り上げられる貞観地震が起こります。これは東北地方に起きた地震でこれもかなり巨大な地震だったようです。

このように、日本には古代から地震の記録があります。

まとめ

地震大国、日本。

まずは地震に対する備えが大事ですが、仕組みも知っておきたいですね。

スポンサードリンク



コメントを残す




CAPTCHA